日本人にとってドイツ語の学習はどれほど難しいのか?勉強期間の目安は?

multilingual-456774
このカテゴリでは、ドイツ語の学習方法を述べていくことにします。

一応中等教育から我々は英語を勉強しているので、外国語の習得がそう容易でないことは身に染みて分かっているかと思いますが、ドイツ語は英語よりも難しいです。

スポンサーリンク

言語の習得難易度

アメリカの研究機関によると、日本人における外国語習得難易度は4段階あり、主な言語では以下のようです(数字が増えるほど難しいということです)。

難易度1:韓国語
難易度2:中国語、トルコ語
難易度3:ドイツ語、英語
難易度4:ロシア語、アラビア語

だそうです。

ちなみに、海外でも似たような議論がなされるようで、アメリカ人にとっては日本語はもっとも難しい言語に属するそうです。

経験談でいくと、私のロシアの友達が日本語に挑戦しましたが、文法は簡単でも、あのヒエログリフのような文字列に嫌気がさしたと言ってましたし、フランスの友達はアクセントがなくて訳が分からん、と言ってました。

言語における到着地点

理想は、『日本語に翻訳せずに、現地の言葉を話す・聞く・読む』ことです。

例えば文中に『It is a great advantage to have good health』とあったとしたら、一々『健康なことは大きな強みだ』と訳さずに、『It is a great advantage to have good health』は『It is a great advantage to have good health』として理解する、ということです。

そうしないと、一々二回分(外国語と日本語)で考えないといけないので、長い分が読めませんし、ニュアンスも伝わりませんし、リスニングについていけなくなります。

どうも、我々が文章を読むときと、西洋人が文章を読むときとでは、頭の働きが違うようで、表意文字(文字自体が意味をもつ言葉)の混ざった日本語では、我々は左脳だけではなく右脳も働かせながら読むことがある、とどっかの本で読みました。

例えばですが『今日の夜ご飯何にしよう』とか、散歩しながらふと『思考』することがあると思いますが、思考は言語あってのものです。

この『ふとした思考』そのものが外国語に自動変換されるようになれば、あとはひたすら語彙を増やしていくだけで大丈夫です。

到着地点に向けて、学習期間の目安

あくまで私の場合ですが、以下のような時系列でドイツ語を学習しました。
(1日4~5時間の勉強時間です。)

1ヵ月:簡単な文章が読める、簡単な言葉がきける、簡単な言葉が話せる(ただしネイティブには伝わらない)
2ヵ月:辞書を使えば少し複雑な文章が読める
3ヵ月:辞書を使えば新聞が読める、ラジオの大意が分かる、ネイティブとの簡単なコミュニケーションがとれる
6か月:ある程度ラジオが聞ける、ある程度新聞が読める、ネイティブとコミュニケーションがとれる

一般的には、学習時間3~400時間程度を目安に、言語の理解が深まるそうです。私の場合も、3か月を過ぎた時点で分かることが急に多くなり、勉強が楽しくなりました。

語学は、なだらかな坂道ではなく、階段だと言われています。ですので、一定期間助走をつけて、ある日を境に急にレベルアップするような気がするはずです。

ドイツ語習得のための学習方法

ただ、かといっておそらく漫然と語学学校に通うだけでは習得は難しいかも知れません。私の知り合いでも、半年いてまだ簡単な日常会話ができない人もいます。

そもそも、ドイツ語では『不規則動詞』『名詞の冠詞(女性名詞、男性名詞、中性名詞)』『格変化』と、憶えるだけでも大変な文法の知識がたくさんあり、それを頭で考えながら話すには、やはり受験勉強のような反復練習が必要になってくるのです。

語学学校の勉強は語学学校の勉強でいいのですが、それから家に帰って、どのような勉強をするのか(モチベーションがあがらないこともあるでしょうが)、これによって、習熟度が変わってきます。

今後、私の参考になった勉強方法をいくつかまとめていきますので、『これはあうな』と思うものがあれば試していただければと思います。

もっとも、どの勉強方法が人にあうかは人それぞれだと思いますので、大学受験などを思い出し、ベストなやり方を見つけ出すことがお勧めです。

また、ドイツ語の学習期間とレベルの推移や、他言語との比較など、詳細に関しては以下の記事でまとめてあります。

聞き取りに関しては、英語やロシア語よりも簡単だと感じています。というのも、英語やロシア語は、たまに語尾を別の語の頭とくっつけるような発音をするからです。対して、ドイツ語の場合、基本的に一語一語をはっきりきっぱり読み上げる傾向にあります。

スポンサーリンク

3 Responses to “日本人にとってドイツ語の学習はどれほど難しいのか?勉強期間の目安は?”

  1. poko より:

    大変ご無沙汰しております。久々に貴ブログをクリックしたところ、どうやらセキュリティ大丈夫のようで、こうして入力できております。
    7月初旬に息子がAugsburgから1年ぶりに戻りました。ご指摘のとおり、半年くらいで漸く会話、新聞閲読、テレビ視聴が成り立ったようです。
    今でも、アプリでAugsburgerという地元紙を読み、NHK-BSでZDFのニュースを見て、whatupでドイツの仲間と連絡し合ったり、と楽しんでいるようです。
    何とか、この語学力を維持してくれたらいいのですが・・・

    • 俺ドイツ! より:

      pokoさん
      お久しぶりです、すいません私も気づいておらず、久しぶりにサイトを開きました笑
      英語でさえ環境が整っていない日本で学力を維持するのは難しいですが、
      ドイツ語だとさらに困難ですね。。
      お近くでドイツ人の友人を作るか、あるいはAugsburgでお知り合いになったご友人と週に1回程度は
      スカイプなりメールなりで連絡を取り合うことをお勧めします。
      リーディングなどは意外と忘れにくいのですが、スピーキング、ライティングなど、アウトプット系の
      作業は使わないとすぐに忘れてしまい、思い出すのに時間がかかりますので

      • poko より:

        返信ありがとうございます。ご指摘のとおり、継続こそ力なり、ですね。
        本人も自覚あるのか、ホストマザーと時々スカイプでながーく会話してます。また、週一でドイツ語先生ともスカイプしています。
        なんせ、「また必ず帰る!」といった言い方で、ドイツへの愛着が深いようです。
        今後ともご指導、ご助言よろしくお願いします。

コメントを残す



このページの先頭へ