ドイツの大学院卒業までに必要になる費用を計算しよう!

coins-1015125_1920

前回の記事で、住民税や退職金など、ざっと退職に伴う費用のプラスとマイナスをまとめました。続いて、今回はドイツへの留学(語学留学を含む)から、ドイツの大学院に進学した場合の費用を具体的に確認していきたいと思います。

また、以下の記事で、ドイツで生活するにあたっての生活費をまとめています。

当然のことながら、ドイツでの生活はお金がかかります。特に昨今、円安の影響が如実に表れており、円→ユーロの両替や外貨送金は以前よりも徐々にレートが悪くなっています。
ただし、レートはもちろん変動しますので、ここでは『ユーロ』で通貨を統一して、円による表示は極力しません。

スポンサーリンク

モデルケースで見るドイツ留学の費用

まずは、私の具体的なスケジュールと収支の内訳から見ていきたいと思います。

私の場合、退職→ドイツ渡航→私立の語学学校に通う→出願書類の準備で一時帰国→入学手続き→ドイツへ再渡航→大学院入学、というプロセスを辿ってきました。

この流れを時系列で追っていきましょう。

1.退職

大きなところですと、退職金でプラスになり、前年分の住民税でマイナスになります。そのほか、3ヵ月待てば失業手当が貰えるので、この退職に伴うプラスマイナスは、正直人によるとしか言えません。

ただし、退職に伴って引っ越しをしたり、地元に帰って来て友達と遊んだりすると、割とお金を使いますので、正直、退職金のプラス分は期待しないほうがいいかと思います。

2.ドイツ渡航

続いて、最初のドイツ渡航です。この際は、最初は語学学校の用意したホームステイを利用し、途中からWGに移動しましたが、あまり値段は変わりませんのでした。かかった費用としては以下のようなモノです。

飛行機チケット(+交通費):10万円程度
ドイツにて自転車購入:2万円程度
学生ビザの申請:15,000円程度

最初の一週間程度で大きな出費と言えば上記のようなモノです。これプラス、語学学校にしろ、大学入学にしろ、毎月の健康保険料が50~80ユーロくらいかかるはずです。

3.語学学校に通う

これは、通う学校にも期間にもよりますし、ついでに言うと大学の語学コースに通うかどうかにもよります。Goethe Institutionのような高額なところに入ればドイツ語の伸びも早いですが、コストがかさみます。

語学学校の費用はピンキリですが、生活費と合わせて月15万円~20万円くらいのレンジに収まるケースが多いと思います。大学の語学コースですと、半年で4~5万円くらいですので、生活費と合わせて月10万~12万円くらいでしょうか。

あとは、現在のドイツ語のレベルと照らし合わせて、どれくらい滞在しなくてはいけないのかをチェックします。仮に今現在ドイツ語初心者で、一から始めるなら一年程度は見なくてはいけないので、私立の学校に通うと12ヵ月×20万円=240万円程度は見ておきたいところです。

ついでに、ドイツ語の試験も割と高額で、日本円で2万円くらいかかります。

4.出願書類の準備、出願

ドイツにいながら行う人もいますし、私のように一時帰国して書類を揃える人もいます。前職の証明書やら高校の卒業証書など、色々必要になったので、私は行ったん帰国せざるを得ない状況でした。

さて、大学院への出願は郵送(またはオンライン上)で行うことが可能ですので、要件さえ満たしていれば日本にいながらでも出願は可能です。大学や高校の成績証明書、卒業証明書は1通発行するのに300円くらい、私の大学はかかりました。

加えて、日本からドイツへ書類を送るのには1000円くらいかかります。10個受けたら1万円です。

さて、気になる『受験料』ですが、課しているところと課していないところがあり、課しているところは3000円~1万円程度だったと思います。Uni Assistという大学受験サポートシステムを共有している大学に受験する場合は請求されることが多いですし、私立の場合も請求されがちです。

全体的に、私の印象では3割以上は受験料を課しているかと思います(あくまで印象値です)。まあ、10個以上受けるにしても2~3万円見て置けば十分でしょう。

5.大学院入学手続き

さて、ラッキーにも大学院に合格した場合、続いて『授業料』が発生します。ただし、ドイツのほとんどの大学は国立で、授業料ではなく『セメスターチケット代』が発生するだけで、とてもリーズナブルです。

参考までに、私の大学はセメスター(半年)で大学に払うお金は3~4万円程度。これで、市内のバス乗り放題、州内の鈍行列車乗り放題、学食・美術館・映画館・スポーツジムなどの学割適用・・・という恩恵が受けられます。

ただし、私立の大学ですと、事情は一変します。大学にもよりますが、1セメスター50万~200万円くらい課されます。

国公立:年間を通しても10万円以下
私立:年間を通すと100万円以上かかる

Goethe Universityの費用の一例

Goethe Universityの費用の一例


(引用元:http://www.uni-frankfurt.de/38935069/semesterbeitrag

6.ドイツへ再渡航

再びドイツへ渡航です。先ほどと同様、飛行機代、ビザの申請代、自転車の購入代などで、もろもろ15万円くらいかかりました。

7.大学院入学

基本的な生活費は、語学学校に通っていたときと変わりません。市内の交通費が安くなりましたが、夜行バスとか使うとお金はかかります。

さて、一つ要注意なのが『ドイツの参考書類はめっちゃ高い』ということです。大学院の授業が始まってすぐに『こういうテキストを使います』と言われて、本屋に行ってみたら一冊『50€』と書かれていてびっくりしました。

ただ、ドイツの授業では(少なくとも私の大学は)、次回の授業で使う内容をオンライン上でアップデートしてくれますので、結局誰もテキストを購入していません。

まとめ.

私はまだ大学院を卒業しきっていませんが、今までの流れから、卒業までにかかりそうな費用は大体算出できます。

大学院セメスター料(4セメスター):15万円くらい
生活費(2年間):240万円くらい(月10万円程度)

これに、レベルに応じて語学学校の費用を加える必要がありますので、退職時から考えて大学院(国公立)卒業までの期間に、おおよそ250万円~500万円くらいの費用が必要になってくる、というわけです。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ