ドイツの大学・大学院で勉強するメリットとは!?私がドイツに決めた理由

bookshelves-932780_1920

このブログを読まれている方の中には、これからドイツへの留学を検討されている方もいると思いますし、すでに留学されているかたもいると思います。今回は、具体的にドイツで学位を習得するメリット・デメリットに関してまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

ドイツへ留学する目的とは

まず、私のケースから入ろうと思います。というのも、留学の目的は千差万別ですし、単なる手段の一つに限りません。私の場合、欧州での就職が、一応差当りの目標ではあります。なぜ欧州で就職したいのかというのは、話すと長くなるので割愛します。

さて、欧州での就職を考えた時、どんな手段があるでしょうか?ということをまず考えました。英語がペラペラであれば、あるいは欧州に知り合いがいれば、あるいは大学での勉強を経ていなくても、欧州で就職することが可能かもしれません(もちろん、国によって求められる技能は異なります)。

私の場合、そこまで語学に自信があるわけでもありませんし、英語は現在、誰もが出来て当たり前の技能になりつつありますので、できれば、英語以外の言語圏で都合のよいところを考えていました。

大学院で2年間、その国の言語に慣れつつ、日本とは異なる商法や考え方に慣れるため、就職のためのクッションとして、私は欧州の大学院に進学する道を選びました。

理由その1.語学的理由

さてまず、語学的な側面から考えてみましょう。ヨーロッパの言語別の母語人口を考えた時、どこが一番将来性があるのでしょうか?欧州圏内に限ると、実は英語ではなく、ドイツ語がマジョリティーです。ただし、世界に目を向けると、フランス語、スペイン語、ポルトガル語などの需要も、アフリカや南アメリカで高いです。

私は上述のように、英語+もう一つ言語を習熟させたいと考えていたので、ドイツ語圏、フランス語圏、ロシア語圏、あるいはスペイン語圏辺りに的を絞っていました。

一方で、ハンガリーやチェコのような国は、ハンガリー語やチェコ語ではなく、大学で英語での授業を行っているところも少なくありません。そうなると通いながら言語を習得するのは難しいですし、そもそもこうした言語にはあまり需要がありません。

ドイツ語の将来性(欧州の母語人口は最も多い)

※2017年追記 大学院卒業して就活をして気づきましたが、ドイツ語はそんなに有用ではないです笑

理由その2.経済的理由

上述のように、私の場合、大学院は欧州で就職するために設けたクッションですので、ここで商学的なノウハウや語学を磨き、そのまま欧州で就職しようと考えているわけです。

ここで、大学院が必須になってくるのですが、問題は、我々日本人が海外の大学院に通う場合、学費+現地での生活費で、更にバイトもしづらいことから、日本の何倍も費用がかかることになってしまいます。

となると、少しでも学費の安いところを選択したいところですが、ドイツ、フランスなどは学費が極端に安いので有名です。この恩恵は、我々日本人も受けることができます。ビジネススクールや医学部などはちょっと例外ですが、一般的に、ドイツの国立大学の学費はただ同然で、それにセメスターチケットというもろもろを加えても、年間の学費は7~8万円程度です。

ドイツの学費はとても安い

※2017年追記 安いです

理由その3.環境的理由

日本はよく、治安の良い国だと言われています。私も、ドイツ以外に色んな国を旅行したことがありますが、確かに、日本の治安はとびぬけて多いです。それゆえ、我々日本人はあまりに平和ボケしており、海外では度々危険な目に合うこともあります。

さて、欧州で治安が良い国はどこでしょう。イギリスのエコノミスト紙によると、フィンランド、デンマーク、スウェーデン、ノルウェーといった北欧や、ドイツ、オーストリア、スイス辺りは割と治安が良いと言われています(どれもトップ20位以内)。

ちなみに、同じ先進国でも、イギリスが46位、フランスが55位、アメリカなんて101位ですので、人口規模でいうと、トップ20位以内で大きな国は、日本、ドイツ、カナダ程度のモノです。

加えて、北欧ほど寒すぎず、物価は高いものの、生活必需品はそこまで高くない、という環境的な要因を鑑みると、ドイツはヨーロッパの中でも住みやすい国の一つなのかと思います。

ドイツの治安はヨーロッパでも比較的よい

※2017年追記 ヨーロッパの中ではいいほうです

理由その4.労働環境的理由

続いて、労働環境を見てみましょう。ドイツは、欧州経済をけん引する経済大国の一つです。スペインやポルトガル、イタリアなども留学先としては面白いと思うのですが、失業率の高さが気になりました。

対して、ドイツの産業基盤は安定していますし、しばらくは大崩れする心配はないかと思います。特に、大学院以上の学歴であれば、比較的優遇されたポジションを得ることができます。

また、日本と違って、労働時間管理には厳しいです。夏休みも1ヵ月まとめてとることができますし、就職先さえ間違えなければ、夕方には家に帰ることもできます。

失業率、有給消化率などの数値が良い

※2017年追記 基本的に17時に帰れます

理由その5.外国人に対する差別意識

最後の理由です。ナチスは完全な民族主義者ですが、今のドイツ人は比較的寛容です。勿論、差別を受けた、嫌がらせをされた、という声は聴きますが、恐らくそんなものは世界中どこでもあります。少なくとも、イギリス、フランス、ドイツを比べたら、ドイツが一番マシだと思います(特に西ドイツはいたって平和です)。

そもそも、大学にしろ町中にしろ、外国人の数が多いので、ポーランドやルーマニアのバーに日本人がいたら浮くことがありますが、ドイツでは別に浮きませんし、気軽に店の外でタバコ吸ってる人に話しかけられます。

繰り返しになりますが、勿論潜在的な差別はあるかもしれませんし、ひどい扱いをする人も中にはいると思いますが、外国人からしてみたら、それは日本でも同じことですし、ドイツではあくまでその程度が、フランスなどに比べてマシ、というくらいのニュアンスにとらえておいてください。

外国人に対して比較的寛容

※2017年追記 差別を感じることはありませんが、ドイツ人は頑固です

まとめ

私の場合は、最後までフランスとドイツで迷いました。別に大学時代ドイツ語やフランス語を勉強したわけではないので、どちらでもよかったのですが、治安的な部分と差別的な部分を考慮して、最終的にドイツにしました。

まあ、私は他のヨーロッパの国で勉強したことが無いので、ちゃんとした比較はできませんが、今度交換留学制度を利用して、別の大学へ行ってみようと思っていますので、その時は改めてドイツとの違いについてのレビューを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

4 Responses to “ドイツの大学・大学院で勉強するメリットとは!?私がドイツに決めた理由”

  1. KOBA より:

    ご無沙汰しております。以前にAugsburgのGymnasium留学していた息子を持つ者です。
    このブログ、愚息も愛読していたそうでして、大変有用で、恐らくドイツ留学絡みの方々にとっては貴重な情報源かと存じます。
    ご多忙なこともあろうかと存じますが、時々は情報更新を頂けたら嬉しいです!FBのほうも楽しみにしております!

    • 俺ドイツ! より:

      KOBAさん
      ご連絡ありがとうございます、お久しぶりです!
      最近忙しくてブログのほうが滞っておりすいません、
      春先には復活するつもりですのでよろしくお願いいたします:)

  2. KOBA より:

    ブログ再開、楽しみにしておりました!引き続きの健筆のほどよろしくお願いします!我が息子も楽しみにしている内容です。

    • 俺ドイツ! より:

      KOBAさん
      いつもコメントありがとうございます!
      はい、こちらこそよろしくお願いします

コメントを残す



このページの先頭へ