外は寒いけど心は温かい:冬のドイツ旅行をおすすめする5つの理由

ドイツの冬は暗く、寒いことで有名です。日は短く、日照時間は少なく、気温以外にも、どことなく人々の気持ちを陰鬱なものにさせる要素がそろっています。しかし、自然が暗いものであるからこそ、人々は少しでも気分を晴れさせようと、美しい催しやデコレーションを施します。

今回は、そんなドイツの冬の旅行の魅力をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

冬のドイツ旅行とその魅力

夏は、多くの旅行客に好まれる季節です。この季節には、木々が青々と茂り、人々はハイキングや乗馬を楽しむ、まさに生に満ち溢れた季節です。やがて夏が終わりを告げ、北風とともに街路樹の葉が落ち始めるころになると、町中からも人の姿がめっきり減るようになります。

冬は、旅行客にとって理想的な季節ではありません。にもかかわらず、冬の厳しい時期だからこそ味わえるような、魅力的なイベントがあることもまた事実です。以下、ドイツの冬の旅行を満喫する際に知っておきたい魅力をまとめていきます。

1.クリスマスマーケット

まず、ドイツの冬のイベントで最も有名なのがこの「クリスマスマーケット(Weihnachtsmarkt)」でしょう。このクリスマスマーケットの起源は中世のころで、冬の寒い時期に、市民に生活必需品を供給しよう、という試みから始まりました。その後、工芸品なども売られるようになり、次第に今のような形に落ち着いていったようです。

クリスマスマーケットは、ドイツの大抵の都市で催されており(それこそ、大都市から小都市にわたり)、どこへ行っても楽しむことができます。もっとも有名どころは、ニュルンベルクのクリスマスマーケットですが、人が多いので、逆にもっとこじんまりした雰囲気を楽しみたければ、人口10万人以下のちいさな都市を訪ねてみると良いでしょう、そこまで旅行客もいませんし、地元ちっくなクリスマスマーケットが味わえます。

また、冬のクリスマスマーケットで是非味わってほしいのは暖かくて甘いワイン、「Glühwein」です。場所によっては、追加料を払えばその土地のモチーフが施されたカップをお土産に持って帰ることが可能です。

ドイツのクリスマスマーケット

(写真出典元記事:ドイツ語)

2. ウィンタースポーツ

ドイツで最も人気のウィンタースポーツはスキーで、日本ほどスノーボードは人気ではありません。他にも、最近はスキー靴を履いて登山をするようなスポーツも人気なようで、登山をしながら、ゆっくりと、アルプスの山々を眺めて回ることが可能です。

Im Winter sind die Alpen sicherlich beliebte Reiseziele. Skifahren ist hier vor allem interessant. Wir haben dazu speziell beliebte Skireisen für Sie recherchiert. Aber der Winter kann mehr: Schneeschuhwandern liegt voll im Trend. Das Erlebnis auf den Schneeschuhen in der Winterlandschaft ist unbeschreiblich.

「冬に好まれる旅行先と言ったら何と言ってもアルペンである。なにより、スキーは魅力的だ。スキー以外にも、“スキーシュー登山(スキーの靴を履いた登山)”もブームだ。スキー靴を履いて眺める雪景色は筆舌に尽くしがたい。」

具体的には、ミュンヘンやその付近(アルペン)がスキースポットとしては好まれます。また、スキーができなくても、子供たちにはソリなどが好まれているようで、家族連れでも楽しむことが可能です。

アルペンスキー


(写真出典元記事:ドイツ語)

3. 美しい自然

たとえスポーツをしない人にとっても、列車の窓から眺める雪景色、山々に降り積もる白い雪などの風景は、美しく感じられると思います。特に、ドイツでは町中から少し外れると多くの自然に触れることが可能です。

旅行客でごった返す都会を離れ、少し人里離れたかわいらしい山間の村々などを訪れれば、まるでメルヘンや映画の中に登場するような可愛い建物などを拝むことができます。

ドイツの田舎町


(写真出典元記事:ドイツ語)

4. 心温まる料理

上述の通り、ドイツの冬は暗く冷たいものです。それゆえ、人々は少しでも心身を温めようと、努力を凝らしてきました。その努力のあとは、冬のドイツ料理にも表れています。

まず、なんとしても挑戦していただきたいのは、上述したような「ホットワイン」です。ほどほどにシトロンがかかった甘く温かいワインを、降りしきる雪の下で味わうと、ドイツ旅行の貴重な思い出になると思います。

また、スープ類も味わってもらいたいです。例えば、カボチャのスープ、Frittatensuppe、ロールキャベツなどは冬に凍てついた身体をあたためてくれます。他にも、ドイツの冬の有名な料理は以下のサイトを参照していただければ見ることが可能です。

Sauerbraten

In der kalten Jahreszeit gibt es nichts Besseres als eine deftige Mahlzeit, um sich aufzuwärmen. Unsere Bildergalerie zeigt typisch deutsche Wintergerichte, die nicht nur den Magen sondern, auch das Herz erfreuen.

「寒い季節には、ボリュームのある食事が体を温めるにはうってつけである。ここでは、お腹だけでなく心もあたためるドイツの冬の料理たちを紹介していこう」

記事・写真出典元:冬のドイツ料理の記事(ドイツ語)

5.町中の雰囲気

デコレーションが暗い夜を明らめる、冬ならではの美しさがドイツにはあります。11月に入るころから気温が次第に下がっていき、日はだんだん短くなっていきますが、それとともに、町中ではクリスマスの準備が始められていきます。

上述のようなクリスマスマーケットをはじめ、クリスマスツリーや、合唱団が町中で歌っていたりと、ドイツならではの美しい冬の雰囲気を感じることが可能です。ドイツの教会などでは催し物が行われたりと、特に教会めぐりをする人にとっては楽しい時期ではないでしょうか。

夏場、野外でサッカーの試合を見ながらビールを飲むのも楽しいですが、冬場にマフラーと手袋に身を包み、寒空の下で讃美歌の声に耳を傾けながら飲むホットワインもまた、別格です。

ドイツの町の冬景色

(写真出典元記事:ドイツ語)

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ