困ったときはとにかく散歩:ドイツのお家芸、Spaziergangの魅力

away-207525_1920

ドイツ語特有の表現の一つに『Spaziergang』という言葉があります。直訳すると『散歩』となるのですが、実際には『散歩』の何倍も大きな意味をもった単語です(おそらく、これはドイツに住んでみないと分かりません)。

今回はドイツの生活に欠かせない『散歩(Spaziergang)』についてのまとめです。

スポンサーリンク

散歩(Spaziergang)をしよう

ドイツ人が大好きな散歩です。食後や、天気のいい日や、仕事疲れをしたときなどには皆この散歩(Spaziergang)に出かけます。

ドイツ版のwikipediaが割と的をえた解説をしているので引用します。

Man kann z. B. im Wald, in Parks oder den Deich entlang, aber auch in Geschäftsvierteln der Stadt als Flaneur oder zum Schaufensterbummel spazieren. Spaziergänge können der Entspannung, der Erholung oder der beobachtenden und gedankenvollen Muße dienen.

(ドイツ版wikipediaより引用)

『人々は例えば、森や、公園や、川沿いや、繁華街などをFlaneur(散歩者)として漫歩したり、あるいはショーウィンドウを眺めたりすることもある。Spaziergangを通じで我々は、リラックスしたり、物思いにふけったりすることができるのである』

単純に散歩とは言い切れない魅力が、ドイツの散歩(Spaziergang)にはあるのです。昔のドイツの詩人や画家たちは、こうした森の中を散歩して詩的な霊感をえました。また、学者なども度々こうした散歩のときに得た構想を、持論に組み込むようなことをしています。

町はずれの森

町はずれの森

ドイツ人は、自然を町中に取り入れる意識が高い国民ですので、都市部でも少し外れるとこのような森にでます。ちょっと今からドイツ流の散歩(Spaziergang)に出かけてみましょう。

散歩(Spaziergang)と風景

別に大げさなものではなく、普通の散歩と考えていただいて問題ないので、用意するものも特にありません。もっとも、ドイツでは自動販売機がそんなにないので、ペットボトルか水筒くらいは持っていきましょう。

水筒

水筒

あとは当てもなくぶらぶらと散歩に出かけます。ドイツの天気は変わりやすいので、念の為折り畳み傘もあったほうがいいかもしれませんが、濡れても問題ないような服装でしたらなくても気にしない人がほとんどです。

国道沿いののどかな道路

国道沿いののどかな道路

市街地から20分ほど離れると、このようにのどかな道路が広がっています。日本では秋はもっとも運動しやすい季節ですが、ドイツでは憂鬱の季節ですので、こうした細かい運動がかかせません。

川沿い

川沿い

川沿いなどを歩くのもお薦めです。万が一知らないところに行ってしまっても、河を伝って帰ってこれますので。

また夏にはこうした川で泳いでいる地元の人もいますが、流石に秋にもなると誰も泳ぎません。私以外にもぽつりぽつりと、散歩を楽しむ人々に出会います(登山客のように、たまに挨拶をされます)。

休日には、下の写真のようにサッカー活動をする学生の姿をちょいちょい見かけます。この中から将来のサッカー選手がでてくるかもしれません。

サッカーの練習風景

サッカーの練習風景

1時間ほど歩いたら、小さな町のようなところに出ました。なぜかHondaの看板が出ています。

Hondaの看板

Hondaの看板

ぶらぶらと当てもなく歩いたのでお腹が減りましたが、日曜で近くに何も食事処が無かったので帰宅することにします。日曜は色々な店が閉まるのがドイツにいて困ることの一つです。

さて、こんな感じで散歩(Spaziergang)は行われますが、別に田舎のほうへ歩いていかなくてもいいですし、街中や商店街を散策するのもドイツ人に言わせれば立派なSpaziergangのようです。

暇なときに『ちょっとSpaziergangに行ってくるね!』というのは全然怪しくもなんともない会話ですのでどんどん使いましょう。

あたったことは無いですが、多分夜中に意味もなく散歩してて職質をうけてもSpaziergangと言えば警察も『なあんだ、Spaziergangか』といって納得してくれると思います。

散歩(Spaziergang)の効用

最後に、散歩の効用についてです。以前も秋は『憂鬱の季節』と書きましたが、まさに日照不足で空気が乾燥し始める秋は運動をしなくてはいけない季節です。

さて、気候の変化(主に空気の乾燥)でウイルスに感染したり、お腹の調子を壊すことも多いのですが、ドイツ人がよく訴えるのが『Herbstdepression(秋の憂鬱)』というものです(日本でいう五月病みたいなものですが)。

さて、ジョギングとか筋トレとかが面倒な方は、このSpaziergangも運動になります。体はもちろん、心の方もリラックスできる方法ですので是非活用しましょう。

Er ist die einfachste und entspannteste Art, sich zu bewegen – der Spaziergang. Laut einer neuen Studie senkt die tägliche Runde das Risiko für ganze 24 Krankheiten!

『もっとも簡単で、もっともリラックスできる運動、それが『Spaziergang』である。調査によると、毎日簡単な運動をすれば、24種類もの病気のリスクを軽減することができる!』

運動が体にいいことはよく言われていますが、何もそんな無理な運動をする必要もありません。散歩のよう簡単なことを、毎日少しずつ続けていればいいそうです。

Die Empfehlung gilt für 5 Spaziergänge in der Woche à 30 Minuten. Alternativ können Menschen, die ihr Workout eher intensiv mögen, 3 mal pro Woche 20 Minuten joggen gehen.

『おすすめは毎週5日、30分づつSpaziergangをすることである。もしより激しい運動をしたいのであれば、毎週3日、20分ずつジョギングするのでも効果的である。』

実際に一日30分くらいでしたら、音楽でも聞きながらこうしてリラックスする必要があるかもしれません。特に、受験勉強を頑張っている方は、こうした息抜きをしておかないと、いざというときにうつ病などに罹るおそれがあります。

簡単にできる運動ですので、是非ドイツにいる間にためしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ