「大学の講義」の記事一覧

まとめ:ドイツの大学・大学院に入学する人のためのガイドライン

コンテンツ これからドイツの大学・大学院に入学する人のための、卒業までのガイドラインです。 5分で分かるドイツの大学院生活:入学から卒業まで 入学から卒業までの・・・

続きを読む

ドイツの大学院は実践的:国際マーケティングの授業をとったときの話

「文化」というのは様々な用途で使われる用語です。目に見える行動様式、常識や習慣なども文化の一環ですし、かたや、その国の思考に根付いた、より民俗学的、心理学的な意・・・

続きを読む

学生の味方:ドイツの大学で休学制度(Urlaubsemester)を用いるやり方

ドイツの大学のシステムは日本とは大きく異なり、いろんな点で困惑することが多いと思います。試験でいい成績をとることも重要ですが、そのいい成績をとるための下準備を詰・・・

続きを読む

卒業は難しい?ドイツの大学・大学院における単位認定のシステム

ドイツの大学は、日本の大学同様、とにかく単位(CP/クレジットポイント)が必要になってきます。アメリカの大学同様、入るのよりも卒業するのが難しい、と言われており・・・

続きを読む

ドイツの大学院でセミナー講義を受講してみよう

ドイツの大学・大学院で単位を修得するためには、実習や卒論を除けば、大きく分けて「講義」と「セミナー」に分かれています。講義のほうは、大体日本と変わりません。教授・・・

続きを読む

ドイツのMBA的視点:日本型経営の問題点、なぜ日本産業は衰退したのか

1980年代、バブル期真っ盛りのころ、日系企業はこの世の春を謳歌していました。海外のホテルやビル・骨董品が買い漁われ、世界中各国で日本脅威論が唱えられました。多・・・

続きを読む

論文の書き方その2:ケーススタディとインタビューの進め方

以前、quantitativeとqualitative researchの根本的な違いについてまとめました。今回は、qualitative researchの中・・・

続きを読む

論文の書き方その1:Qualitative Research(定性的リサーチ)とその哲学的態度

日本の大学にいるときに、私はそこまでレポートの書き方について深く考えたことはありませんでした。卒論の際に統計学や文章の組み立てなどに多少気を配ることはしましたが・・・

続きを読む

MBAの人的資源管理から学ぶその5:シャープ・日本型経営はなぜ没落したのか

ここ数年間、日本の企業をめぐる悪いニュースが続きました。シャープが台湾企業に買収されたこと、東芝が粉飾決算をおこない、実際には多額の赤字を計上していたことなどは・・・

続きを読む

MBAの人的資源管理から学ぶその4:グローバルリーダーを科学する

グローバル化の流れの中で、海外の企業と折衝する機会、外国人混合のチームをまとめる機会、なども少なくなくなってきました。今回は、そんな中で求められてくる「グローバ・・・

続きを読む

このページの先頭へ