「ドイツ語の復習帳」の記事一覧(3 / 3ページ)

英語との対比で覚えよう:ドイツ語の2つの目的語の違い

念のため繰り返しますが、あくまでこのカテゴリにおけるドイツ語の勉強は、語学学校や参考書や大学の授業などのサブノートとして活用していただければと思います。 たくさ・・・

続きを読む

ドイツ語を複雑にしている原因:冠詞の4つの用法をマスターしよう

今まで、主語、動詞、形容詞、副詞をまとめてきましたが、この辺は日本語でも使われている品詞なので、抵抗なく受け入れられることと思います。 さて、誰もが一度は英語の・・・

続きを読む

ドイツ語の形容詞と副詞の働きの仕組みは基礎の中の基礎

さて、主語と動詞に引き続いて、今回は『形容詞』と『副詞』についてまとめていきます。この辺も、国語の授業とか英語の授業の初期のところで習ったようなところでしょうか・・・

続きを読む

ドイツの動詞の大原則:一般的には文の2番目にくる動詞の基礎

中高生のとき国語の授業で『主語』『述語』『なんとか活用』『なんとか動詞』というものを延々と勉強し、こんなもの何の役に立つのだと思った覚えがありますが、外国語を勉・・・

続きを読む

これを知らなければドイツ語の勉強は始まらない!基礎の基礎としての主語

SVOとかSVOCとか、大学受験を経験された方は英語の授業でこういった外国語文法における語順の勉強内容を今でも覚えていますでしょうか? 私の場合、正直少し忘れて・・・

続きを読む

ドイツ語の最初に誰もが躓く発音の問題:ウムラウトとR

日本人はよく英語の発音が苦手と言われています。 我々は中高大と英語を習ってきましたが、やはりネイティブに教わる環境が供えられているのと、そうでないのの差は大きい・・・

続きを読む

ドイツ語をマスターするための基礎:面倒でもまず文法から始めよう

私の知り合いで、半年ほどドイツの語学学校に通っていますが、B1に上がれず、まだA2レベルで苦労している方がいます(決して貶めるつもりはありませんが)。 その方は・・・

続きを読む

このページの先頭へ