ドイツに渡航したらまず最初に住民票登録を行わなくてはいけない

house-406969_1920

日本で散々事務手続きをしましたが、ドイツでもすぐにやらなくてはいけないことがあります。『住民票』の登録です。

これは、原則として1週間以内に終えなくてはなりませんし、これをしておかないと銀行口座の開設も行えませんし、図書館のカードも使えません。

ちなみに、この処理を放っておくとどうなるかは知りません笑 おそらくよいことは起きないでしょう。

スポンサーリンク

住民票登録の流れ

語学学校やインフォメーションセンターで、『どこで住民票登録(die Anmeldung)できますか?』と尋ねてください。そんなに、市内から離れていないところにあるはずです。

そこへ、パスポートと語学学校の案内などで、客観的に分かる現住所の表記を持っていきます。英語も大体は通じるはずです(英語ですとresident registrationでしょうか)。

受付で住民票登録したい旨を告げ、受付番号をわたされるのでしばらく控室で待ちます。しばらくしたら呼ばれるので、上記の書類をみせて終了です。

その時に、住民登録しましたよ、という証明書類のようなものをくれるので、それは大切に保管しておきましょう。銀行の口座開設などに使います。

もし、語学学校を卒業して別の都市へ行く場合は、再度住民票の変更をしに行かなければなりません。

滞在先のポスト

それに伴って、滞在先のポストに自分の名前を併記してもらうようにお願いします。これをしておかないと、後々重要な書類が届かずに、どこかへ消えてしまいます。

最初の1~2週間かのあいだに、お役所から『ビザの申請をしにきなさい』という手紙がきます。国内でビザ申請してようがしてまいが、分け隔てな送られてきます。

○○週間以内に来なさい、と書かれていますが、国内で申請済みの方はどうどうと無視して大丈夫です。申請していない人は、頑張って行きましょう。

住所表記に関して

ドイツの住所は、日本と同じように郵便番号が存在します。『5ケタの郵便番号』プラス『お住まいの都市』、それに加えて『通りの名前(~Weg)』と『番地』、そして名前、これをもって一つの郵便物が届きます。

ちなみに、日本から海外送金などするときに、̈(ウムラウト)表記ができませんが、その場合は英語表記に直します。
ä は ae
Ö は oe
Ü は ue
になります。例えば、MünchenならMuenchenです。

まとめ

これに関しては、日本で行った保険・税の諸事務処理に比べて難易度は低いですが、重要です。慣れない生活で大変かと思いますが、必ず一週間以内に行きましょう。

さて、住民登録もできたところで、次回は『銀行口座開設』の項へと移っていきます。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ