ドイツに長期滞在する際に恋しくなる日本の食事やサービス

1425849542
ドイツは先進国ですので、基本的に日本で手に入るものはドイツでも手に入ります。一方で、やはり外国ですので日本で手に入るものがドイツで手に入りづらい、あるいは手に入らない、ということもあり得ます。

今回は、これからドイツに長期で滞在されるような方向けに、日本で経験しておいたほうがよいものについてまとめていきます。

スポンサーリンク

ドイツで恋しくなる日本のあれこれ

故郷は故郷です。どんな理由があれ、やはり我々が生まれ育った故郷の文化や食べ物は、異国にいると時々恋しくなるようなことが突発的にあります。まず、ドイツにかかわらず、外国に滞在中の日本人が特に恋しいという物が『食べ物』です。

ドイツで日本食が食べられない、というわけではありませんが、値段も張りますし、米も日本ぽくないですし、やはり異質な感じは否めません。

顕著な例が寿司をはじめとする『魚類』です。ドイツの魚は高いですし、なんといっても日本のような味付けで魚を食べるようなことは多くはありません。サバの煮つけなんてこちらでは見ませんし、サンマやウナギも見かけません。

また、日本の牛丼チェーンのような食べ物も、ドイツにいると食べられないものの一つです。松屋、すき屋、吉野屋といった、ワンコイン以下でお腹いっぱい食べられるような食文化はドイツには見受けられません(ちなみに私は、日本に帰って一番初めに食べたいものが牛丼です)。

また、コンビニエンスストアがありませんので、おでんや肉まん、おにぎりといったものも食べられません。飲み会の後に、もし夜に街中で小腹がすいたら、ケバブかフライドポテトを食べるくらいしかこちらでは選択肢がないのです。

飲食関係は挙げればきりがないのであれですが、他にも日本のサービスの恋しくなるようなものはいくつもあります。以下、まとめておきますので、長期でドイツに来られる予定の方は、日本でたっぷり堪能してきてください。
1425849590

恋しくなるその他サービス

日本のサービス環境は、他国と比べると独特です。過剰ともいえる顧客サービスのせいで、働く側としてはたまったものではありませんが、サービスを受ける側としてはやはり日本のサービス業の懇切丁寧な対応は心さみしくもあります。

以下、私が個人的に思った恋しく思う日本のサービスです。

自動販売機

駅などに行けば併設されていますが、日本のように処かしこに自動販売機が置いていませんし、駅中の自動販売機もコーラとか、キオスクで売っているような体に悪そうなものばかりですので、やはり日本の缶コーヒーや緑茶などが手軽に飲みたくなります。

ちなみに、ドイツの街中に自動販売機が置かれていない理由は『壊される』からだそうです。そこまで治安悪くありませんが、まあお酒やサッカーなど絡むとそうなるのでしょうか。

漫画喫茶

インターネット喫茶はありますが、ドリンクは有料ですし、日本のような漫画喫茶はありません。というか、日本以外にはないのではないでしょうか。

日本のように時間で区切ってレジで会計、というシステムではなく、自由に出入りして、コンピューターの前に置かれているコイン投入口にコインを入れると時間制でパソコンが使えるような仕様です。

漫画喫茶と言わずとも、街中でゆっくりできるスペース、というものがドイツにはあまりない気がします。ちょっと待ちあわせ時刻まで時間をつぶしたいな、といったときは町中をぶらぶらするくらいしか時間のつぶし方が無いのがドイツです。もしくはカフェにでも行きましょう。

温泉

厳密に言うと、温泉まがいのようなものならあります。ただし、温度は35度程度ですし、どちらかというと少し温かい温水プール的なニュアンスで、基本的には水着着用ですので風情もなにもありません。

日本の温泉は40度ちかくあるんだよ、という話をこちらの人にすると『unglaublich!(なんてこったい)』的なリアクションをしてくれます。多分、近場の国で一番日本に近い温泉があるのは、同じ山国のアイスランドくらいでしょうか。
1425849637

コンビニエンスストア

タイにもセブンイレブンやファミリーマートが進出していますが、やはりあの品揃え、夜中やクリスマスでの開いているという安心感、清潔感は日本独特のものでしょう。パスタから蚊取り線香までそろっているような店が24時間365日開いているという現象は、ドイツでは当然考えられません。

日本の電車

あれだけ嫌だった通勤電車も、今ではときどき恋しくなります。まず、ドイツの列車はちょいちょい遅れます。他のヨーロッパ諸国に比べると十分punktlich(時間厳守)なのですが、それでも日本に育った私からみると微妙にうずうずします。

一個電車が遅れるのはまあ良いとして、その電車が遅れたことで次の乗り継ぎの列車に乗り遅れて、最終的に目的地に着くのが2時間くらい遅れてしまうこともあります。

また、ドイツは自動改札が無く、買った切符が間違っていたら罰金50ユーロを払うという、外国人には厳しいルールですので、小心者の私はいつも列車に乗るときにびくびくしています。
1425849683

日本の雑誌やテレビ番組

パソコンのトップページを毎日見ているので、日本のニュースはなんとなくコンスタントに入ってきますが、それでも流行りの音楽とかドラマは見ませんし、どんどん流行に遅れていきます。

たまーに新しい日本人と食事をしたりすることがありますが、そんな時に日本のこととかきいて驚いているような形です。やはり、ドイツのテレビは集中して聴かなくてはいけない文、娯楽とは程遠いですし、時々日本の漫画やテレビをみてのんびりしたい、と思うこともあります。

居酒屋

特にチェーン居酒屋なんかはやれデフレの元凶だと騒がれていますが、顧客目線ですとやはり安い値段でたくさん小鉢が楽しめる日本の居酒屋はよいですし、座敷のように寛げる空間も欲しいです。

固い椅子でフライドポテトやピザを片手にビールを飲む文化も悪くはありませんが、長くいると若干食傷気味になってきますし、時には日本の生ビールが飲みたくもなります。

浴槽

浴槽自体はドイツにもありますが、ほとんど使いませんし、あっても栓が使えないとかいった感じです。特に冬なんかは、風呂に浸かってからゆっくり寝たいものですが、基本的にはシャワー文化ですので、あまりリラックスもできません。

このように、不満をあげればきりがありませんが、私のドイツ人の友達が日本に1年留学していた時も、やれパンがまずいだのやれ電車が分かりづらいだのグチグチ言っていましたので、どこの国の人でも故郷の文化が良く思えるのは当然のことでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ