日本とどこが違う?ドイツのドラッグストアで購入できる商品と営業時間

日本では24時間365日営業しているコンビニエンスストアやドラッグストアがあり、日用品にはあまり困ることがないと思います。

さて、ドイツの場合のスーパーやドラッグストアは、基本的には日曜日は休みですし、クリスマスや1月1日もお休み、深夜営業はしていないと、日本人からみたら微妙に使い勝手が悪いところがありますが、今回はそんなドラッグストア事情についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

ドイツのドラッグストアとDM

ドイツ語でドラッグストアは『Die Drogerie』です。日本ではマツモトキヨシのように食料品からおむつ、髭剃り、洗髪剤、医師の処方を必要としない医薬品を売っているスーパーのようなイメージですが、ドイツのそれも同じような感じです。

ドイツのドラッグストアで最も有名なものが『dm-drogerie markt』というドラッグストアで、ドイツのみならずルーマニアやハンガリーといった東欧にも店舗を構え、ヨーロッパ中に3,000店舗程度展開している一大チェーン店です。

dm概観

dm概観

なので、基本的にドイツでドラッグストアに行きたいときは『ドラッグストア(Drogerie)どこですか?』と聞くよりも、DMどこですか、と聞いた方が早いかもしれません。

Bei dm-drogerie markt arbeiten europaweit über 52 000 Menschen in mehr als 3000 Märkten. Allein in Deutschland hat dm im Geschäftsjahr 2013/2014 insgesamt 174 neue Märkte eröffnet und 2323 Menschen stießen zur Arbeitsgemeinschaft hinzu. Die mehr als 36 200 dm-Mitarbeiter in Deutschland erwirtschafteten im abgelaufenen Geschäftsjahr einen Umsatz von 6,4 Milliarden Euro. Auch in Europa erreicht dm mit 8,3 Milliarden Euro einmal mehr einen Rekordumsatz.

『ヨーロッパ各地に3,000店舗チェーン展開しているDMでは、実に52,000人以上もの従業員が働いている。ドイツ国内だけでも、2013年度の営業期間だけで174もの新店舗をオープンしており、2323人もの従業員が新たにグループに加わった。ドイツ国内の36,200人の従業員たちは、去る2013年度の売り上げにおいて、640億ユーロもの数字をあげている。ヨーロッパ全体で見れば、830億ユーロという過去最高額の売り上げを記録している。』

日本最大手ドラッグストアのマツモトキヨシで、年間の売上高が3,000億円程度ですので、円に換算すると、日本よりも人口の少ないドイツにおいて、実にその4倍近くも稼いでいる計算になります。

さて、実際にDM店舗に行ってみても、日本人の私にはいったいどの辺がマツモトキヨシよりも使い勝手がよいのか分かりませんが、恐らく経営手腕が優れているのでしょうか。

以下、実際に店舗内で購入できるものなどについて紹介していきますので、荷造りの参考にしていただければと思います。

DM公式ホームページ

DM公式ホームページ

ドイツのドラッグストアで購入できるもの

今回は上述のように最大手のDMを例に商品を見ていきますが、実際他のドラッグストアへ行ってもラインナップはあまり変わりません(たまにコーヒーメーカーとか置いてあるところもありますが)。

また、日本の商品と比較してもそこまでラインナップに大差はありませんので、荷造りの際に例えば髭剃りや歯ブラシ、シャンプーのような消耗品、日用品に関しては、よほど使い慣れたものが日本でない限り、現地で調達した方が楽でしょう。

1.髭剃り
ドイツの髭剃り

ドイツの髭剃り

まずは髭剃りです。一般的には5~10ユーロ程度で本体が売っており、あとは似たような値段で代えの刃が5枚パックとかで売られています。ちなみに、セブンイレブンのようにDMもプライベートブランドを扱っており、DM印の髭剃りは2.5ユーロ程度で購入可能です。

私の髭は人よりもやや濃いのですが、5ユーロ程度のものでも一本で3ヵ月くらいは持ちます。この辺のクオリティに関してはあまり心配することはありません。

2.ワックス
ドイツのワックス

ドイツのワックス

もう一つ男性向けの商品ですが、ワックスも当然ドイツで売られています。値段設定は3~10ユーロ程度ですが、個人的にはワックスだけは日本でお気に入りのものを購入した方がいいかもしれません。

というのも、こちらのワックスは脂っこいものが多く、また自分の髪質に適したものかどうかは買ってみないとわからないからです。

3.シャンプー、リンス、ボディソープ

女性の方は特に注意していただきたいのですが、ドイツの一部の都市の水はとてもカルキの量が多く、髪がすぐにごわつく傾向があります。

シャンプー・リンス

シャンプー・リンス

値段設定は2~5ユーロ程度、もしかするともう少し高いものもあるのかもしれませんが、私はそんなに高いものを使ったことがないので分かりません。水の問題を考えると、女性の方は良いシャンプーを使った方が髪が傷まずに済むかもしれません。

4.歯ブラシ、歯磨き粉

電動歯ブラシなどを買わなければ、大体1~3ユーロくらいで歯ブラシも購入可能です。一つ、注意点としてドイツでは『糸ようじ』の調達が微妙に困難なところがあります。

私は奥歯がすきっ歯でよく食後に糸ようじを使って掃除していたのですが、ドイツには日本のように質の良い糸ようじが売っていなかったので、こちらにくる友人に買ってきてもらったことがあります。

ドイツの歯ブラシ

ドイツの歯ブラシ

それを除けば、クオリティもまずまずですし、歯垢をとる細い棒(名前が分かりませんが)も口臭を抑えるくちゅくちゅする薬も売っていますので、あまり心配はありません。

上述のもののほかにも、制汗剤や化粧品、健康食品などとりあえず日本のドラッグストアに置いてあるようなものは大概ドラッグストアで調達可能です。

その他のサービス

さて、上述のような商品ラインナップに関しては日本とあまり変わりませんが、ドイツのDMならではの面白いサービスも存在します。まず1つ目が『写真スタジオ』です。

写真のプリントアウトができるのはまあなんとか理解できますが、それを凌駕するようなサービスがDMには隠されています。

Sprechen Sie uns einfach an, wir beraten undfotografieren Sie gerne. Ihre Passbilder im 6er-Set, Format 3,5 x 4,5 cmfür 6,95 €.

参照元:Foto

『お気軽にお声かけください。喜んで写真をお撮りいたします。パスポート写真であれば6セットで6.95ユーロからご提供いたします。』

DMの写真撮影サービス

お手製のスタジオが用意されており、パスポート写真を撮ってくれるサービスまであるそうです(私は試したことがないですが)。他にも、化粧品コーナーを拡大したり、抽選でスマホが当たるようにしたりと、あの手この手でお客の心をつかもうとする姿勢は面白いです。

Für seine nachhaltigen sozialen Engagements erhielt das Unternehmen den Deutschen Nachhaltigkeitspreis 2011 und den Deutschen Kulturförderpreis 2012.

『持続可能な社会のための貢献から、同社は2011年に『持続可能な企業賞』を、2012年には『文化貢献賞』を受賞している。』

また、実際にCO2削減のための努力をしたりと、クリーンなイメージがついたこともこのDMの躍進の理由の一つでしょうか。宣伝ではありませんが、ドイツに来られた際には是非一度DMに立ち寄ってみられることをお勧めします。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ