いくらくらいもっていけばいい?ドイツ旅行に必要な費用

今回は留学ではなくドイツ旅行をする際の費用についてまとめていきたいと思います。多分に個人差の大きいところだと思いますが、少しでも参考になるように一般的だと思われる感覚で書いていくようにします。

スポンサーリンク

ドイツに旅行する際にはいくら持って行く??

海外旅行をするときにいくら持っていくかは悩みどころです。多すぎても盗難などのリスクがありますし、かといって少なすぎても当然困ります。クレジットカードを過信しすぎるのも考え物で、実際にドイツでは使えないようなカフェもよく見かけます。

もちろん、ドイツを旅行する際に必要になってくる費用は旅の日程やどのくらい贅沢をするかによってまったく変わってきます。以下、どこでどんなことをしたらどれくらいかかるのかをまとめていきます。

1.ドイツでかかる食費

まず、一番気になるのが食費だと思います。食費と一言で言っても、どこでどのくらい食べるかにもよります。例えば、ベルリンのテレビタワーのてっぺんやこ洒落たワインバーなどで高いお酒を飲むとしたら10ユーロくらいしますし、学生街の安い居酒屋でビールを飲めばそれこそ2ユーロくらいで済みます。

料理も、肉や魚系は割りと高めで、20ユーロくらいするようなケースもありますが、シュニッツェルなどそこまで高くない料理をごくごく普通のドイツ料理屋で食べるようなぶんには、料理だけで6ユーロから10ユーロくらいです。

ちゃんとしたドイツ料理屋でそうした料理を食べようとすれば多少の出費は覚悟する必要があります。もっとも、市内にはハンバーガーもあればパン屋もありますし、スーパーに行けばカップラーメンや冷凍食品なども売っています。

ですので、安くあげようと思えばそれこそ冷凍グラタン1ユーロくらいで済ませられることもできますので、どうしてもお金がなくなったら最後の手段として試してみましょう。ちなみに、買い物のコツとして、ビールにしろジュースにしろ、スーパーで買うのが一番安上がりです。ただし、多少並ばなくてはいけないので注意が必要ですが。

3ユーロのビール

3ユーロのビール

食費の例
ビール(スーパー)・・1ユーロ以下
ビール(居酒屋)・・2ユーロ~3ユーロ
パン屋・・日本と同水準
ドイツ料理(普通の店)・・10ユーロ前後
クリスマスマーケットなどの出店・・ワイン2~3ユーロ、料理3~5ユーロ程度

8ユーロの食事

8ユーロの食事

2.ドイツでかかる交通費

このドイツでかかる交通費に関しては、正直旅行者を悩ませる種の一つだと思います。まず、インターネットなどの早期予約をしなかった場合の列車のチケットは割りと高いです。例えば、ベルリンからデュッセルドルフに向かうケースを考えましょう。この場合の距離は550kmです。

交通費の例(ベルリンからデュッセルドルフ片道550km)
列車・・30~40ユーロ程度
バス・・10~20ユーロ程度
飛行機・・40ユーロ以上

550kmですと、東京から京都をちょっと越えるくらいでしょうか。場合によっては列車よりも飛行機のほうが安くなるようなケースも存在します。長距離バスは比較的いつも安いのですが、発着時間が合わなかったり、長距離だと姿勢がきつくなってくるなどのデメリットがあります。

電車内の様子

電車内の様子

また、ベルリンなど大きな都市では地下鉄やバスなどのチケットも必要になってきますし、その場合のコストもまたかかります。行きたい場所が決まっている場合は、自動販売機などで一日チケットを購入すれば(7ユーロくらいだったと思いますが)、こうした場合は安上がりに済みます。

3.ドイツでかかるアクティビティのコスト

旅行に行く際には、現地で美術館や博物館、教会、ドーム、動物館などの見学もやはりしたいところだと思います。例えば美術館や博物館の場合、ドイツの学生証(もしかしたらユーロ圏の学生証でも可能かも知れませんが、日本は不可だと思います)があればかなり安くなるのですが、逆にない場合は5ユーロ~10ユーロくらいかかります。

LWL美術館

LWL美術館

有名なケルンの大聖堂、デュッセルドルフやベルリンのタワーなど、大都市には必ずといっていいほど巨大な建造物があり、こうした建物へ入る際も必ず費用が10ユーロほどかかります。

ベルリンのテレビタワーのように、インターネットで事前購入できるような場合もありますが、別に値段が安くなるわけではありません。基本的に美術館や建造物ひとつにつき5ユーロから10ユーロは見積もっていたほうがよいかと思います。

4.ドイツでかかる宿泊費のコスト

宿泊費とその宿の質は比例しますので、よいホテルに泊まりたければ値段が張りますし、安いドミトリーなどでよければ10ユーロくらいで泊まれることもあります。ドイツに限ったことではないですが、ホテルなどを決めるときには、以下の3つの要素によって値段が変化することになります。

  • 町の中心地からの距離
  • 部屋の大きさ
  • 部屋(ホテル)の綺麗さ、快適さ

例えば、仲間内で大部屋を取るぶんには部屋の綺麗さなどは多少無視できますが、大きいところを予約する必要がありますし、観光目的の場合にはやはり中心地からの距離が近いほうがいいです。

一泊60ユーロくらいのホテル室内の様子

一泊60ユーロくらいのホテル室内の様子

全部の条件を満たすような場合にはやはり値段が張ります。町にもよりますが、以前デュッセルドルフの町の中心で割りといいホテルに泊まった際には100ユーロ以上しました。他にも、ミュンヘン、ベルリンなど観光地のホテルはみな高いです。

インターネットで予約する際に定番のサイトなのですが、私は『agota』というホテル予約サイトを利用しています。いろいろサイトを比較してみたところ安めの値段設定でしたし(最安かどうかは知りませんが)、今までにルーマニアとかポーランドとか行っても問題なく済んだので、習慣でつかっています。

最近はやりの民泊サイトなどで予約するにも、やはりホテルと変わらないような値段がかかる場合がありますし、事前の連絡など面倒ですので、何回か慣れてからでないと、旅行先でトラブルに巻き込まれたくない人にはお勧めしません。

条件によるのでなんともいえませんが、一般的に観光地といわれるところでホテルを取る際には、60ユーロ以上は見ておいたほうがいいかと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ