「一口コラム」の記事一覧(4 / 4ページ)

ドイツとナチスの歴史:ドイツ人は歴史をどう認識しているのか

今でこそ日本もドイツも、先進国の一員としてそれなりの地位を築いている国ですが、70年前にはともに焼け野原になった過去があります。 日本はその後沖縄を占領されまし・・・

続きを読む

ドイツの休暇(Urlaub)と、休み明けのサザエさんシンドローム

日本にはないドイツ語の表現として、『Urlaub』という言葉があります。『Urlaub』は、辞書には『休暇』『有給休暇』と書かれていますが、おそらくこれではあま・・・

続きを読む

ドイツ発祥の賃貸農園:シュレーバーガーデンの歴史をみてみよう

現在、ドイツ国内には花や果物などが植えられた賃貸農園が数多く設けられています。 これは、自宅の庭ではなく、郊外などに庭を年間をとおして賃貸しておき、そこで野菜を・・・

続きを読む

ベルリン市民を勇気づけたケネディの演説『私は一人のベルリン市民だ』

1963年6月、冷戦の真っただ中で共産主義国に囲まれた西ベルリンにおいて、ケネディ大統領が『ベルリン演説』という演説を行います。 Two thousand ye・・・

続きを読む

イスラエルとドイツ:ガザ問題に見るドイツのパレスチナ報道

ドイツで基本的に、声高にふれてはいけない話題が三つあります。『政治』『ナチス』そして『宗教』です。これらを日本語だろうとドイツ語だろうと公衆の面前で話し合うこと・・・

続きを読む

連合軍のノルマンディー上陸を支えた二重スパイ”ガルボ”:ドイツと第二次世界大戦

2014年6月6日は、第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦からちょうど70周年ということもあり、ドイツ国内でも大々的に取りざたされることとなりました。 今回は・・・

続きを読む

第一次世界大戦から100周年を迎えたドイツにおける報道あれこれ

日本は『大戦』や『戦争』といえばまっさきに太平洋戦争が思い浮かばされます。毎年8月15日にはテレビや新聞などでそうした報道がおおく特集されますし、1945年から・・・

続きを読む

論理的に怖い:ジャーマンジョークとブラックユーモアの奥深さ

ウィットのきいたジョークというものは、我々にはあまりな馴染みのないように思えます。 ジョークというと、アメリカンジョークが頭に思い浮かぶでしょう(チャらい金髪の・・・

続きを読む

エボラ出血熱とヨーロッパ上陸の恐怖:ドイツ報道にみるエボラパニック

日本では、現在デング熱がブームになっていてひと騒ぎで、夏ごろのエボラの報道熱はやんだようですね(どこかの製薬会社がワクチンの開発に成功したという記事を読みました・・・

続きを読む

このページの先頭へ