ドイツの世界遺産:ツェアフェアアインの炭鉱と暗い歴史

Coal mine

ある国が発展をするときには、産業の発展というものが不可欠です。イギリスで産業革命が始まり、明治の日本が製糸業に注力し外貨を稼いだように、あるいは戦後の東アジア諸国が製造業の育成を推し進めたように、です。

今でこそイギリスも日本も先進国の一員ですが、その発展は多くの犠牲が伴っていました。女工哀史や足尾銅山炭鉱事件のように、社会インフラの未熟なときに行われた経済発展は、えてして社会的弱者の過酷な労働や環境汚染のうえに成り立っています。

ドイツのルール工業地帯の一角『エッセンのツォルフェアアイン炭鉱』もまた、そうしたドイツの産業発展の光と影の部分を備えた世界遺産の一つです。

スポンサーリンク

ルール工業地帯

エッセンは、ノルトライン=ヴェストファーレン州に位置する、いわゆる『ルール工業地帯』の一角です。

『ルール工業地帯』はルール川に沿ったヨーロッパ有数の重工業地帯であり、近代ドイツの産業発展に寄与したといわれています。

その歴史は古く、そもそもは800年代には農業を営む人たちがこの周辺に町や集落をつくって居住していたといいます。それが、1300年ごろから石炭の発掘をはじめ、プロイセン王国の時代に、重工業政策のかなめとして、急速な発展を遂げます。

【黒いダイヤ】ともうたわれた石炭の発掘が本格的にルール地帯ではじめられたのは1800年代の半ば頃ですが、そのころ5000人程度であったドルトムンドの人口は、1900年には15万人近くに膨れ上がっています。

その理由の一つとして、鉱山発掘の拡大とともに人手が足りなくなり、職を求めて田舎や、ポーランドなどから出稼ぎの労働者が流入したためです。

普仏戦争などにおけるプロイセン王国の輝かしい戦勝とは裏腹に、彼らの労働は暗い炭鉱の下で過酷を極めます。

今でさえ、チリやトルコの炭鉱で落盤事故などが相次ぎ、時には痛ましい犠牲も発生していますが、いまよりも150年昔の鉱山に、当然今のような設備も、事故を避ける知識もありません。

毎日、いたるところで落盤や、爆発や、酸欠による事故が相次ぎ、また炭鉱の粉塵・メタンガスは彼らの肺を徐々に蝕み、40歳になるころには誰しも病気で仕事できない状態であったと言われています。

空は工業の排気ガスによって覆われ、たくさんとれていた野菜や果物が育たないようになります。子供たちの多くは肺を病むようになり、次第に外へもでなくなっていきました。

2度の大戦とその歴史の幕

第一次世界大戦の敗北により、ドイツはその領土の一部を失い、また多くの兵隊を失いますが、国内産業に関しては無傷でした。戦後にルール地帯では国内情勢不安定により、労働者たちの蜂起が行われますが、即座に鎮圧されます。

また、第二次大戦によって、ルール地帯は大規模な爆撃にさらされ、その機能をほぼ失いますが、戦後は東ヨーロッパに対抗するため、また国内産業復興の柱として、ルール工業地帯は再興をむかえます。

またこのときに、トルコ人などの外国人労働者の受け入れを行いました(今でも、この地域にはたくさんのトルコ人がいます)。

ルール工業地帯の歴史は、1900年代の後半に差し掛かると、石油資源や原子力発電への移行もあり、環境に悪影響をもたらす石炭の消費と発掘は、緩やかにその幕を下ろし始めます。

一時は年間250万トンもの産出量を誇った、ツォルフェアアイン炭鉱も、その例外ではありませんでした。1983年には操業停止が決められ、1986年はその操業が終えられました。その際に多くの失業者を生み出します。

今では、ツォルフェアアイン炭鉱を含め、ルール地帯の多くの炭鉱が、博物館や名所として多くの観光客を取り込んでいます。

ただ、それでも人口の減少・失業率の増加は食い止められず、かつての工業地帯の威光を取り戻そうと、官民一体となって、企業の誘致などが今も進められています。

日本の夕張市もそうですが、資源を生業にしていた町の、資源が枯れつくしたあとの持続的な発展・再興、復興は、もはや世界的にも重要な課題の一つなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ