ドイツ留学に先立ってドイツの気候とファッションを把握しておこう!

6622061595_291ca1f6a7_b

そろそろ出国の予定も近づき、荷造りをはじめなくてはいけなくなりました。

といっても、そもそもドイツの気候がどんなものか分からないと荷造りしようがないので、今回はドイツの気候とファッション事情について述べていきます。

スポンサーリンク

ドイツの気候

北海道くらいの緯度をイメージしていただけると分かりやすいかと思いますが、冬は寒さが厳しく、一年中天気が変わりやすく雨が多いです。

なので、なにが必須かと聞かれたら、『コート』『レインコート』を挙げたいと思います。

ただし、レインコートはスーパーで安いものも売っているので、越冬するのであれば防寒具に標準を絞った荷造りをお勧めします。

厚手の靴下、ニット帽、コート、などなどですね。

天気が変わりやすく、雨が多いのもドイツの気候の特徴です。『das Gewitter』という、直訳すると『雷雨』のような天気がままあります。

ですので、あまり質のよい服をもっていっても、雨に濡れたり泥が跳ねて汚れたりするかも知れないので、あまり良すぎるものを持っていくのはお勧めしません。

ドイツ人のファッション事情

白人さんなので、何を着ても絵になります。

道行く人をみていても、原宿のようにそこまでオシャレ!と思うような人は歩いていませんので、その意味からでも、よすぎる服はあまり持って行っても重宝しませんし、浮きます笑

それよりも、上述しましたが防寒具が必須です。ズボン2着、コート、ネックウォーマー、あたりを持って行って、あとはこちらでも安いものが売っているので買ってもいいと思います。

その他便利な衣服

こっちに着てから、持ってくればよかったと思った衣服類をまとめます。

1.水着
夏場は冷房が効いている施設が少ないです。プールもたくさんありますし、河原で泳いでいる人も多いので、そんなに荷物になるものでもないので持っていきましょう。

2.運動靴と運動着
長くいると運動不足になるので、1ヵ月くらい滞在すると体を動かしたくなります。こちらの人はランニングが大好きなので、こっちでもいい運動靴・運動着も売ってますが、無駄にプロフェッショナルで無駄に高いです。
(アスリートが着るようなぴちぴちのやつとか)

ですので、これも荷物のスペースに空きがあれば持っていくとよいでしょう。

3.スウェット
スウェットも無駄にプロフェッショナルに高いものが多いですし、冬場は夜でも重宝します。ドン・キホーテで買えば2000円くらいですので、持っていきましょう。

こんなものでしょうか。また思いついたらこのあたりは追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ