ドイツで買える様々なタバコの種類と喫煙場所の諸注意


腹ごしらえもすんだところで、タバコが一服したくなりました(喫煙者の方限定ですが)。

さて日本も最近タバコが着々と値上がりしていますが、ドイツはもっと高いです (それでも北欧諸国に比べるとまだまだですが)

強制禁煙(経済的に)するにはもってこいの環境ですが、慣れない環境でストレスが溜まったり、美味しいお酒がはいると一服したくなることもあるかと思います。

私の場合は、出国するときに成田の免税店で1カートン買っていったのですが、あっという間になくなってしまったので、2ヵ月ほど試行錯誤して結局普通のタバコに落ち着きました。

スポンサーリンク

タバコの種類と値段

以下のような種類があります。

  1. 普通のタバコ(Zigarette)
  2. 安い葉巻タバコ(Cigarillos)
  3. 手で巻くタバコ

1.普通のタバコ
種類にもよりますが、マルボロで6ユーロくらいです(2014年9月のレートで840円くらい)。中には4ユーロくらいのもありますが、中途半端に19本とか謎の商品設定です笑

味は日本と大差なく、普通に吸えます。

2.安い葉巻タバコ
持つところから端っこまで茶色いタバコです。1箱2ユーロくらいですが、フィルターが粗悪ですので慣れないと気持ち悪いです。

始め、私は節約のためにこれを吸っていましたが、美味しくないし体に悪い(タバコ自体そもそも悪いですが)気がしたので、2週間くらいで断念しました。

3.手で巻くタバコ
フィルターと葉っぱと買ってきて(紙は無料でくれます)、自分で巻くパターンです。6ユーロくらいで40本くらい作れます。

若い人などはよくこれを吸っている人をみかけますが、慣れるまで時間がかかりますし、巻くのに失敗するとフィルターがずれてニコチンがダイレクトに体に入ってきます。

初心者向けに、『紙巻き機』というのが2ユーロくらいで売ってますが、これを使ってたらかっこ悪いと言われたのでやめました笑

2と3は私には合わなかったのですが、上手くいけば節約にもなるので、一度全部トライしてみたらいかがでしょうか。

タバコを吸う場所

日本とは逆です。つまり、街中ですぱすぱ吸ってよくて、ホテルの室内やレストランなどでは全面禁煙です(ベルリンでは吸えますが)。

ただし、外のテラス席などでは吸えますし、喫煙者は大抵そこにたむろっています。

割かし、子供から女性までまんべんなく街中でタバコ吸ってます。たまに、タバコを吸っていると、見知らぬ男から『1本くれ』みたいなことを言われますが、くれてやる理由もないので親切にあげる必要はありません。

まあ、値段も高いのでこれを機会に禁煙をお勧めします(自分はできませんが)。

あとは、ルーマニアとかポーランドとか、東欧諸国は安いので、ヘビースモーカーの人は東ドイツに居をすえて、定期的に買出しにいくとかでもいいかと笑

スポンサーリンク

2 Responses to “ドイツで買える様々なタバコの種類と喫煙場所の諸注意”

  1. 匿名 より:

    ドイツのタバコについて調べていたので助かりました

    最後から3行目のこれを気に、は誤字だと思うので訂正をオススメします

    • 俺ドイツ! より:

      誤字のご指摘ありがとうございますm(_ _)m 訂正いたしました

コメントを残す



このページの先頭へ