「ドイツの名所と歴史」の記事一覧(2 / 5ページ)

第一次世界大戦とドイツその4:ヴェルダンの血液ポンプとソンムの戦い

Es ist komisch, wenn man sich das überlegt, färht Kropp fort, wir sind doch hier・・・

続きを読む

第一次世界大戦とドイツその3:マルヌ会戦とタクシー輸送

Er war eine Legende, und gerade die Ferne hatte ihn heroisch und romantisch gema・・・

続きを読む

第一次世界大戦とドイツその2:シュリーフェン・プランの発動とタンネンベルグの戦い

1914年6月のサラエボ事件を契機に、ドイツはフランスとロシアに宣戦布告、欧州は戦火につつまれていくこととなります。 その戦火の中心役を担うドイツは、ここに至り・・・

続きを読む

第一次世界大戦とドイツその1:サラエボ事件と戦争の勃発

1909年10月、ハルビンで一国の元首相が暗殺される事件が勃発しました。首相の名は伊藤博文、刺客の名は安重根、韓国の憂国の士であり、かつテロリストです。 俺を撃・・・

続きを読む

第一次世界大戦序章:大戦前夜の各国の思惑と大戦の原因

1914年6月28日、初夏の晴天の下で、オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子とその妻が暗殺されるサラエボ事件が発生します。これをきっかけに、世界を戦火に巻き込む・・・

続きを読む

日露戦争その2:ポーツマス条約とドイツへの影響

日英同盟の締結によって、東アジアの軍事情勢は一発触発の状況となります。各国の思惑が交錯する外交ゲームの最中で、ついに開戦の火ぶたが切って落とされます。 前回の記・・・

続きを読む

日露戦争その1:ドイツと日英同盟を取り巻く世界情勢

今を遡ること110年ほど前、日本とロシアの間で戦争が勃発しました。ヨーロッパからしてみればそれは小さな局地戦にすぎませんでしたが、これにロシアは敗北、東進の野望・・・

続きを読む

ドイツと義和団事件:ヴィルヘルム2世のフン族演説にみる黄禍論

ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世は、バルカン半島におけるドイツとの衝突を避けるため、ロシアの目を東アジアに向けさせるように画策します。その中で使われたのが「黄禍論」、・・・

続きを読む

ヴィルヘルム2世の世界政策とビスマルク体制の崩壊

ドイツは、戦火の中から生まれた帝国でした。普墺戦争、普仏戦争と、近隣の大国を破り国際的な地位を向上させ、遅咲きながら欧米列強の仲間入りを果たしたわけです。 にも・・・

続きを読む

ビスマルク政権下でのドイツ:社会保障政策とビスマルク体制

ヴィルヘルム2世、ビスマルク、モルトケ、ローンなど、政治家、軍人、多くの有能なリーダーたちの手によって、ドイツ統一は成し遂げられました。しかし、歴史はそこでは終・・・

続きを読む

このページの先頭へ