「ドイツの名所と歴史」の記事一覧

自由を求めて:ベルリンの壁最後の犠牲者、クリス・ギュフロイ

1989年11月、冷戦の終結を象徴するかのように、長い事東ドイツと西ドイツを隔てていたベルリンの壁が崩壊、東西ドイツは急速に統一へと向かいます。1961年にベル・・・

続きを読む

1945年:ベルリンの戦い(ベルリン陥落)とナチスドイツの滅亡

1939年、ナチス・ドイツのポーランドへの侵攻によって火ぶたを切った第二次世界大戦は、1942年ごろまで枢軸軍優勢の様相を呈しますが、すでに1944年を迎えるこ・・・

続きを読む

世界大恐慌とドイツへの影響:ワイマール体制はいかにして崩壊したか

「然るに頃来遂に不逞凶悪の徒簇出して私心我欲を恣にし至尊絶対の尊厳を藐視し僭上之れ働き万民の生成化育を阻碍して塗炭の痛苦を呻吟せしめ随つて外侮外患日を逐うて激化・・・

続きを読む

第二次世界大戦の原因:第一次世界大戦後のベルサイユ条約とドイツの賠償

In this autumn of 1919, in which I write, we are at the dead season of our fortu・・・

続きを読む

科学技術の暴走:1921年にオッパウのBASF工場でおきた大爆発事故

チェルノブイリや福島原発事故が物語っているように、科学技術の発展は、人々の多くの恩恵をもたらす半面、ひとたび使い方を誤ると、人々に途方もない被害を及ぼします。 ・・・

続きを読む

戦間期のドイツが生んだ人食シリアルキラー:カール・デンケ

Seine Krankheit kann man Perversion oder vornehmer Paraphilie nennen, doch deswe・・・

続きを読む

ヒンデンブルグ号爆発事故:ナチスの前途を象徴する飛行船のカタストロフィ

第一次世界大戦と第二次世界大戦に挟まれた戦間期、ドイツがワイマール共和国と呼ばれる体制下にあったとき、ドイツはナチス党のもとで、異常な熱狂に包まれていました。破・・・

続きを読む

日本に残ったドイツ人捕虜たち:坂東収容所の生活

1914年、サラエボ事件によって第一次世界大戦が勃発すると、戦火はアジアへも拡大します。当時イギリスと同盟を結んでいた日本は、日英同盟を口実にドイツに宣戦布告、・・・

続きを読む

スターリングラードの戦い:地獄の市街戦とナチス・ドイツの包囲

aber das letzte Wort gilt der Mutter, oder dem Menschen den man am Liebsten hat ・・・

続きを読む

スターリングラードの戦い2:赤軍の逆襲とドイツ第6軍の悲惨な末路

Der Krieg ist in wachsendem Umfang kein Kampf mehr, sondern ein Ausrotten durch ・・・

続きを読む

このページの先頭へ